血糖値を下げるには食事の内容や食べ物をどう改善するのがおすすめ?

血糖値を下げるには食事を内容をどうすればよいの?

血糖値を下げるためには今までの食事内容を根本的に改善し、全体的なバランスを整えることが大切です。

 

ご飯やパンなどの主食を多く食べたり、おかずにイモなどの炭水化物や脂肪分が豊富な肉類ばかりを食べていると食後の血糖値が急激に上昇してしまいます。

 

血糖値を下げるためには、水溶性食物繊維が豊富な食品を積極的に摂取するのがおすすめです。食物繊維は血糖を排出する働きがあるので糖尿病を発症するリスクを下げる効果が期待できます。

 

主食には白米を食べるよりも玄米や麦飯にしたほうが摂取できる食物繊維が多くなります。

 

肉を主菜として使う際には、添え物として大根やゴボウなどの根菜を加えたり、味噌汁には葉物野菜や海藻を豊富に入れるようにすると血糖値を下げるための効果的な食事になります。

 

食べる順番も工夫しましょう。食後の糖質や脂肪の吸収を穏やかにするために主食よりも先に野菜のサラダや和え物を食べると良いです。

 

また、早食いは血糖値を高くするだけでなく満腹感が得られにくく過食につながるので、食事はゆっくりよく噛んで20分程度時間をかけながら行うようにしましょう。

 

血糖値を下げるには食べ物をどう改善するのがおすすめ?

身近な食べ物で、血糖値を下げるには玉ねぎがおすすめです。

 

玉ねぎには硫化プロピルという成分が含まれており、この硫化プロピルがブドウ糖の代謝を促進する働きがあるので高血糖を改善する効果が期待できます。

 

玉ねぎは料理に取り入れやすく、毎日でも摂取できる非常におすすめの食品です。高血糖の改善には生で食べることが推奨されているのでサラダにして食べると良いです。

 

他にもごぼうなどの食物繊維が豊富な野菜は血糖を排出させる効果が期待できるので摂取しましょう。また、お酢には血糖値を下げるために有効な成分が含まれています。

 

糖尿病は食事内容の偏りが大きな原因の一つですので、糖尿病を予防し健康を維持するためには糖分や脂肪分の多い食べ物はなるべく避けて、血糖値を下げる食べ物を日ごろから摂るように意識しましょう。

 

近年糖尿病を患う人数が増えており、糖尿病予備軍を含めると2000万人にのぼるといわれています。ですので若いからといって油断せず食事内容の改善に努めましょう。