血糖値を下げるホルモンの種類って何?血糖値を下げるレシピや食材、食べ物とは?

血糖値を下げるホルモンの種類って何??

人間の体には血糖値を下げるホルモンが存在します。

 

血糖値を上げるホルモンは、成長ホルモンやアドレナリンやグルカゴンやコルチゾールなどいくつも存在してますが、それに対して下げる働きを持つホルモンの種類は一つだけです。

 

それはインスリンです。インスリンはすい臓から出されるものですが、食事によって血糖値が高くなり過ぎるとすい臓が素早くその状態をキャッチしてインスリンが分泌されます。

 

すい臓から分泌されたインスリンは、食事などにより増加した血液中のブドウ糖を全身の臓器や筋肉や脂肪などでエネルギーに変換して消費したり、たんぱく質の合成などを促進させます。

 

このようなインスリンの働きによって血糖値は正常な値に保たれています。糖尿病の予防や血糖値を下げるためには、インスリンの分泌を促したり働きを高めることが重要です。

 

インスリンの生成にはビタミンや亜鉛、カルシウムが必要ですので、食事の際はこれらの栄養素が豊富な食品を積極的に取り入れましょう。

 

血糖値を下げるレシピや食材、食べ物とは?

血糖値を下げるためには毎日の食事内容が大切なので、レシピに血糖値を下げる効果が期待できる食材を取り入れましょう。

 

血糖値を上げる食材はご飯やうどん、パスタなどの炭水化物やじゃがいもやサツマイモなどのイモ類が代表として挙げられます。

 

炭水化物や糖分が多い食材の量を減らせば血糖値を改善する効果が期待できるわけですが、ご飯などの主食を減らしたり、甘いものを我慢するのは難しいという人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人は白米の代わりに玄米を食べると良いです。玄米は白米に比べてビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富です。

 

また、玄米には食物繊維が豊富に含まれており、体への吸収が遅いので食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できます。

 

噛み応えのある玄米は満腹感が得られやすく、過食の防止にも効果的です。

 

糖分や脂肪分の多いおかずを作る場合はごぼうやこんにゃく、海草などの食物繊維が豊富な食べ物をレシピに追加しましょう。

 

また、血糖値を下げる効果が期待できるたまねぎやキャベツを使ったサラダを普段の食事に追加すると、高血糖の改善に効果的です。